スペイン語講座

スペイン語の逆疑問符の使い方

¡Hola todos! みなさんこんにちは。前回はスペイン語の 逆疑問符「¿」について勉強しましたが、今回は逆疑問符の使い方をご紹介したいと思います。

スペイン語に特殊なこちらの記号ですが、慣れてしまえば使い方 は簡単なんですよ。

スペイン語の疑問文の作り方

疑問符の基本

まず、疑問文の作り方を学びましょう。

スペイン語のYES/NO疑問文(「はい」もしくは「いいえ」で答える疑問文)は、語順を変えずそのまま疑問符をつけるだけで疑問文になります。

¿Vives en Tokio? ― No, vivo en Yokohama.

東京に住んでいますか。―いいえ、横浜に住んでいます。

¿Te gusta la paella? ―  Sí, me encanta.

パエリヤが好きですか。―はい、大好きです。

疑問詞がある文の場合は、疑問詞が文の初めにきます。

¿Dónde vives?  ― Vivo en Barcelona.

どこに住んでいますか。― バルセロナに住んでいます。

¿Qué tipo de comida te gusta más? ― Me gusta más la comida asiática.

どんな種類の料理が一番好きですか。 ― アジアの料理が一番好きです。

また、条件文など文章が二つ以上ある場合でも、同様に疑問文が始まる部分に逆疑問符をおきます。

疑問符の応用

ここまで文章全体が疑問文の場合のフレーズをご紹介しましたが、今回は部分的な疑問を表す場合を挙げたいと思います。ここで、いくつか例を見てみましょう。

疑問の部分をはさむ

疑問の部分をクエスチョンマークで挟みます。

Ahora, ¿a dónde vamos?

今、どこに行こうか?

No vuelvas a llegar tarde, ¿entiendes?

二度と遅刻しちゃいけないよ、分かった?

確認

また、「~だよね?」、「~じゃないの?」という、相手の確認をとる付加疑問文でも疑問符が使われます。この場合、疑問の部分のみ疑問符をつけます。

Mañana tenemos una reunión, ¿verdad?

あしたミーティングがあるよね?

Ya le has enviado el documento al cliente, ¿verdad?

もう書類をお客様にお送りしたんですよね?

Vienes a comer con nosotros este viernes, ¿no?

今週の金曜日、僕たちとご飯を食べに来るよね?

逆感嘆符

逆疑問符と同様に、スペイン語で使われているのはこちらの「逆感嘆符」。

「逆感嘆符」とは、「びっくりマーク」とも言われるこちらの「!」をさかさまにした「¡」マークのこと。

スペイン語では、感嘆文のはじめとおわりをこちらのマークで挟んで文章を作ります。例を見てみましょう。

¡Qué tarta más rica!

なんておいしいケーキなんだ!

¡Qué de gente!

人が多いなあ!

また、あいさつ文にもよく使われます。

¡Buen viaje!

よい旅を!

¡Que te vaya bien!

どうぞお元気で/上手くいきますように

おわりに

いかがでしたか?さかさまの「¿」や「¡」、スペイン語に特殊な記号なのでとても面白いですね。たくさん文章を書いて、使いこなせるようにしましょう!

では、¡Que tengas un buen día!(よい一日を!)

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP