スペイン語講座

スペイン語の”siempre”と”nunca”

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「siempre(いつも)とnunca(一度も無い)」。

スモーカーのマリア、煙草の出費も馬鹿にならないようです。早速二人の会話を覗いてみましょう。

ヘビースモーカー

María: Este mes he fumado más que nunca… Como siempre gasto mucho dinero en tabaco.

今月はいつになく大量の煙草を吸ったわ…いつものように煙草の出費が多いわね。

Yurika: Yo no fumo nunca. Tampoco tengo ganas de probarlo.

 私は一度も煙草を吸った事が無いのよ。吸ってみたいとも思わないわ。

María: Es lo mejor. Yo fumo desde siempre, y siempre que intento dejarlo, fracaso. 

その方がいいわね。私は昔から吸っているの。いつも禁煙しようとしても失敗するのよ。

Yurika: ¿No te da miedo el mensaje “fumar mata” que siempre hay en las cajetillas de tabaco?

パッケージに書いてある、お決まりの「煙草は死に至る」っていうキャッチコピーで怖くならないの?

María: Claro que sí. Pero últimamente casi nunca puedo dejar de fumarme un cigarro después de comer.

もちろん怖いわよ。でもこの頃は食後の煙草が、いつもほとんど欠かせないわ。

Yurika: En mi caso, después de comer, nunca jamás puedo sentirme tranquila sin tomar un café.

私の場合は、食後にコーヒーを飲まないと決して落ち着かないわ。

María: Pero el café no siempre hace daño al cuerpo, salvo que lo bebas antes de dormir.

でもコーヒーは、寝る直前に飲むのでなければ、必ずしも体に悪いわけじゃないわよ。

Yurika: Si tomara café por la noche sería insomne para siempre.

夜にコーヒーを飲んだら、永遠に眠れないわよ。

ワンポイント

Hasta siempre

ごきげんよう、さようなら!

テレビ番組の終わりなどで、司会者が手を振って「¡Adiós, hasta siempre!」と言うことがあります。

直訳は「“いつも”まで」ですが、「また次回!ごきげんよう」の意味です。

María: Ya hace bastante fresco por la mañana y por la noche. Ya se acaba el verano de este año.

朝晩は涼しくなってきたわ。今年の夏も、もう終わりね。

Yurika: ¡Adiós, verano del año 2014, hasta siempre!

さようなら、2014年の夏!また会う日まで!

desde siempre

いつも、昔からずっと

「“いつも”から」という直訳ですが、「ずっとまえから」「もう長いこと」という意味です。「para siempre」は「“いつも”まで」、つまり「永遠に」になります。

María: ¿Desde cuándo bebes tanto café?

いつからそんなにコーヒーを飲んでいるの?

Yurika: Soy cafeinómana desde siempre. Y seguiré bebiendo café para siempre.

ずっと昔からカフェイン中毒なのよ。で、永遠に飲み続けるわ。

no~ nunca

絶対~ない

例文中の「No fumo nunca」のように、否定の「no」と「nunca」が重複して文型をつくることがあります。

「二重否定=肯定」ではなく、「否定」の意味のままなので注意!

María: ¡Qué lenta, qué cara, y qué mala estaba la comida!

遅い、高い、そしてまずい食事だったわ!

Yurika: No iremos nunca más a ese restaurante.

もう二度と、あのレストランには行かないわよね。

nunca jamás

絶対に~ない

nunca」だけでは物足りず、「jamás」を一緒につけることで、「絶対~ない」という強調の意味になります。

María: Aunque la comida estaba malísima, la cerveza de allí no estaba nada mal. ¿La próxima vez vamos solo para beber?

食事はひどかったけど、あそこのビールは悪くなかったわよね。次はビールだけのみに行ってみる?

Yurika: ¡Nunca jamás! Podemos beber buena cerveza en cualquier lugar.

絶対に行かないわよ!美味しいビールなら、どこでも飲めるわよ。

つ・ぶ・や・き

スペインの煙草のパッケージには、堂々と「fumar mata」の文字が印刷されています。スモーカーでなくてもドキッとしますね…。

禁煙できる場所が年々狭められているのは、スペインも同じです。健康を害さない程度に、マナーを守って美味しく喫煙しましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP