スペイン語の意味・文法

スペイン語の”ser・estar”の使い分け

「(女性が)きれいだ」という意味の形容詞“guapa”、”Es guapa.” と“Está guapa.”で少し意味が違うのをご存知でしたか?

スペイン語の形容詞は、動詞”ser”に付くか”estar”に付くかで、意味が変わってくることがあります。

今日は”ser”と”estar”の使い分けを学習しましょう!

ser”と”estar”の基本

まず、“ser”と”estar”がそれぞれ持つ意味を見てみましょう。

ser…備わっている性質、変化しないもの

estar…一時的な状態、変化するもの

ser”は元来の性質を表す時に使用するので、”Es guapa.”といえば、「彼女は(生まれつき、いつも)きれいだ」という意味になります。

それに対して”estar”は、一時的な状態を表すので、“Está guapa”は、「彼女は(おめかしなどをして)きれいだ」という意味なります。

性質を現す”ser”

Juan: No me gusta la verdura.

野菜は好きじゃないんだ。

Taro : ¿Por qué? Es rica.

なんで?おいしいのに。

太郎は、野菜の一般的な「性質」として「野菜はおいしいものだ」といっているので、ここでは”ser”が使われています。

その時の状態を表す”estar”

Juan: ¿Qué tal? ¿Te gusta?

どう?おいしい?

Taro : Sí, la carne está riquísima.

うん、肉が最高だよ!

太郎は、食べている「肉」についてその時の状態を述べているので、ここでは”estar”が使われています。

このように、その時に食べている物に対する感想を述べるときは”estar”が多く使われます。

備わっている性質」を表す”ser

Juan: Mi primo tiene dos años y ya sabe el abecedario.

僕のいとこは2歳でもうABCが分かるんだ。

Taro : ¿Ya? Es muy listo, ¿verdad?

もう?すごく賢いんだね。

形容詞”listo”は、”ser”と共に使われると「賢い」という意味になります。ここでは、「頭がよい」という「備わっている性質」を表しています。

一時的な状態」を指す”estar

次に、”estar”の場合を見てみましょう。

Juan: ¿Estás listo? ¡Vamos!

準備はできた?行こう!

Taro :¿Ya? Espera un momento.

もう?ちょっと待ってよ。

形容詞”listo”は、”estar”と共に使われると「準備ができた」という意味になります。ここでは「準備ができている」という「一時的な状態」を指すため”estar”が使用されています。

listo”の他にも、例えば形容詞”nervioso”は、”ser nervioso”「=(性格が)神経質だ)」と”estar nervioso”「=(今の状態は)イライラしている」のように、”ser”か”estar”どちらと共に使われるかによって意味が変わる単語があります。

おわりに

いかがでしたか?”ser”と”estar”、最初は使い分けるのは難しいですが、色々な例文を見て感覚をつかんでみてくださいね。

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペイン語の単人称表現前のページ

スペイン語の1人称次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP