スペイン旅行・観光

スペイン語で旅行会話②

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

「空港」「ホテル」「レストラン」「ショッピング」そして「交通機関」。数ある旅行会話シーンの中で、一番難しいのはいったいどれでしょうか!?

旅行会話の難関とは

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

会話

Yurika: Hace muchos años, cuando empecé a estudiar español, leí un libro de frases para viajar.

何年も前に初めてスペイン語の勉強を始めた時に、私は旅行会話の本を読んだのよ。

María: Fue tu primer paso en el mundo del español.

それがスペイン語への入り口だったというわけね。

¿Lo encontraste difícil?

難しかった?

Yurika: Al contrario.

その反対よ。

Pronunciación muy fácil, gramática simple… me entraron ganas de seguir estudiando más, aunque había cosas difíciles desde el principio.

発音もやさしいし、文法もシンプルだし…もっと勉強してもいいなと思ったわけよ。初めから難しいと思う点も、いくつかあったけれどね。

María: ¿Qué te parece difícil de un libro de frases para viajar?

旅行会話の本では、何が難しかったの?

Yurika: Pues, creo que el capítulo de “transporte” necesita más ejercicios que otros temas como “en el aeropuerto”, “en el hotel”, “en el restaurante”, y “de compras”.

そうね、「空港」「ホテル」「レストラン」「ショッピング」よりも、「交通機関」での会話は練習が必要だなって思うわ。

María: Pensaba que comprar un billete no sería demasiado complicado… básicamente sólo se usan los números y unas simples frases,  ¿verdad?

切符を買う会話なんて、そんなに難しくないと思っていたけれど…だいたいは数字ばっかりを使って、単純な文を言うだけじゃない?

Yurika: Sí, pero las estaciones de tren y autobús son lugares muy ruidosos.

でもね、電車の駅やバス停っていうのは、騒々しい場所よ。

Y mucha gente lleva prisa…

そこに急いでいる人がたくさんいて…

María: Ah, entiendo. No es el mejor lugar para hablar.

ああ、そうか。会話をするのには快適じゃないわよね。

Y si tu nivel de español es bajo, es todavia más dificil.

スペイン語の初心者ともなれば、さらに難しくなるわけだわ。

Yurika: Además en ese tipo de situación es muy importante entender todo perfectamente.

それに、そんな状況下にありながら、完璧なコミュニケーションをとらなくちゃいけないのよ。

María: Claro. Un pequeño malentendido puede convertise en un error grave.

そうよね。ちょっとでも聞き間違えたら、大変な事態になるかもよ。

Yurika: No se puede pedir a la megafonía del metro que repita porque no se ha entendido bien.

地下鉄の車内放送に、聞き取れないからもう一度繰り返し言ってくれ、なんて頼めないのよね。

María: Comunicación breve pero muy importante, así es el español para viajar.

簡潔にして緊張に満ちた会話、それが旅行会話なのね。

この一言で壁を超える

destino

目的地

ほかに「運命」という意味もよく使われます。

スペインで音声ガイドのカーナビを使うと、目的地に到着した時に「destino」と言ってくれます。

似た単語で「destinatario」は「宛先」。郵便物の送り状に登場しますね。

malentendido

誤解

mal」は「失敗した」、「entendido」は「理解」、両方合わせて「誤解」になります。

ちなみに元の動詞「entender」は、単数形の活用が「entiendo-entiendes-entiende」となり、綴りに要注意です。

つ・ぶ・や・き

テキストやガイドブックを眺めているときは、簡単そうに見える「旅行会話」。

ところが実践の場は、静かな図書館や教室ではなく、騒々しい雑踏の中なのです!

聞き取る文章も、「自分にだけに対して丁寧に話しかけられたもの」ではなく、「その場にいる多数にざっくり呼びかけたもの」がほとんど。

それを正確に聞き取らなくてはいけない!その流動的な状況を乗り越えるには…練習あるのみです。

やはり語学は「スポーツトレーニング」!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP