スペイン語講座

スペイン語の”hueso”骨を使った表現

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「huesoを使った色々な表現」。

雨の中、道に迷って、入り口で転んで…今日はユリカの厄日です。早速二人の会話を覗いてみましょう。

ずぶ濡れ

María: ¿Qué te ha pasado? Estás mojada hasta los huesos.

どうしたの?ずぶ濡れね。

Yurika: Tengo los huesos molidos. He andado 2 horas bajo esta lluvia.

クタクタに疲れたわ。この雨の中を2時間も歩いたのよ。

María: ¿No has cogido el bús de siempre? Además, andando desde tu escuela tampoco se tarda tanto tiempo.

いつものバスに乗らなかったの?それに、学校からここまで歩いても、そんなにかからないわよね。

Yurika: Hoy me apetecía volver andando. Así que he venido caminando con mi amiga Hanako.

今日は歩いて帰りたい気分だったの。それで友達の花子と歩いていたのよ。

María: Ah, esa chica japonesa que está en los huesos.

ああ、あのすごく痩せている女の子ね。

Yurika: Exacto. Pero como íbamos dándole a la sin hueso, me despisté y acabé perdiéndome.

そうそう。でも夢中でしゃべりまくっていたら、道に迷ったのよ。

María: Por eso has tardado tanto. Menos mal que has podido volver a salvo.

だからそんなに時間がかかったのね。無事に戻ってこれて良かったわね。

Yurika: Pero en la entrada he dado con mis huesos en la tierra. Hoy ha sido un día de mala suerte.

でも入口で派手に転んだわ。今日は厄日よ。

ワンポイント

hueso

魚の小骨などは「espina」と言います。「hueso de ~」で部位を指して「~の骨」と表現します。「頭蓋骨」は「cráneo」と言います。

María: Este bacalao tiene demasiadas espinas. ¡Qué incómodo de comer!

このタラは小骨が多いわね。食べづらいわ!

Yurika: Con los palillos puedo quitarlos muy fácilmente.

お箸を使うと簡単に取れるわよ。

semilla

果物の種(芯)を「hueso」 と呼ぶこともあります。一般的に、土に植える種は「semilla」と言います。

María: ¿Por qué siempre comes manzanas sin pelar?

どうしていつも、リンゴをむかないで食べるの?

Yurika: No soy capaz de pelar fruta. Me cuesta mucho quitar el hueso.

果物をむくのが苦手なのよ。芯の部分を取るのが私には難しいの。

hueso

手ごわい

性格や状況などについて「手ごわい」「厳しい」と言う時に、「es un hueso」と言うことがあります。種のように硬い、「厳しい」という比喩ですね。

María: ¿Qué tal tu nuevo profesor de gramática?

新しい文法の先生はどう?

Yurika: Muy estricto, cada día hace un examen. Es un hueso.

すごく厳しいわよ。毎日テストをするの。手ごわい先生よ。

estar en los huesos

やせこけている

quedarse en los huesos」ということもあります。「骨と皮ばかりの」と言う日本語にも通じる表現です。

María: Este año voy a hacer un régimen muy estricto. Me quedaré en los huesos, je je je.

今年はハードなダイエットをやるわよ。ガリガリになっちゃったりして。へへへ。

Yurika: Nunca te pasará eso. Cada año dices lo mismo, y al final nunca cumples tu plan.

絶対にそれは無いわね。毎年同じことを言っていて、結局予定通りにやらないもの。

つ・ぶ・や・き

アルゼンチンで発見された世界最大の恐竜の骨(hueso)、発見されたのは「大腿骨」でスペイン語では「fémur」と言います。

地元アルゼンチンの言語も、もちろんスペイン語。言葉がわかると、違う国の出来事もとても身近に感じるものです。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP