スペイン語講座

スペイン語の使い方あれこれ

スペイン語には、一つの単語でも様々な意味をもっている単語があります。その中には、元の意味から派生した面白い意味をもつものも。

今回は、そんな隠れた単語の使い方をご紹介します。新しい意味を発見できるかも知れませんよ。

スペイン語単語の隠れた意味

オレンジの半分

まず、意味を推測しながら会話を読んでみましょう。

Juan: María es mayor ya pero no está casada.

マリアはもういい歳だけど、未婚だね。

Taro : Todavía está buscando a su media naranja.

まだ自分にぴったりの理想の伴侶を探しているのさ。

naranja”は果物の「オレンジ」、”medio/a”は「半分の」という意味の形容詞です。

「自分にぴったりの、理想的な伴侶」のことを、スペイン語では”media naranja”といいます。

直訳すると「オレンジの半分」となりますが、「二人で一つ」という意味を暗示する素敵な響きのことばですね。

生地・クッキー

Juan: ¡Qué reloj más bonito! Te costaría una pasta.

かっこいい時計!高かっただろうね。

Taro : La verdad es que no costó tanto.

実は、そんなでもなかったよ。

pasta”は、「生地」や「クッキー」という意味がありますが、ここでは「大金」という意味で使われています。

costar una pasta”で「高価だ」ということ。話し言葉でよく使われる表現です。

きれい

Juan: ¿Qué más tenemos que comprar?

あと何を買わなくちゃいけないんだっけ?

Taro : Bonita para hacer sandwichs.

サンドイッチ用のツナだよ。

「きれいだ」という意味の形容詞 ”bonito/a”、名詞では何を意味するか知っていましたか?

実は名詞として、「カツオ、マグロ、ツナ」を指すことばとして使われることがあるのです。

Juan: Dicen que ese político aceptó soborno.

あの政治家、収賄したらしいね。

Taro : ¿Otra vez? -¡Es un bicho raro!

また?ひどいやつだな!

「虫」という意味の名詞”bicho”。人に使われることもあり、「悪いやつ」という意味になります。”bicho raro”という表現でよく使われます。

Bicho malo nunca muere(悪いやつは死なない=憎まれっ子世にはばかる)”ということわざもあります。

おわりに

いかがでしたか?以上に挙げた単語で知っているものはありましたか?

すでに学習して知っている単語でも、「あれ、こんな意味があったのか!」と発見をすることは面白いことです。

単語の使い方に敏感になって、ボキャブラリーをどんどん増やしていきましょう!

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペイン語の関係副詞前のページ

スペインのバルの魅力次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP