スペイン語の意味・文法

スペイン語の「antes/antes de que」接続法の決まり文句

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「接続法を使う接続詞的表現」。

英語ができるようになりたいマリアは、外国語習得の秘訣を模索中です。早速二人の会話を覗いてみましょう。

外国に行くなら~

María: No se por qué no puedo hablar bien inglés; lo llevo estudiado más de 10 años.

なんで私は英語ができないのか分からないわよ。もう10年も勉強しているのに。

Yurika: A fin de que seas capaz de hablar un idioma extranjero, el camino más rapido es vivir en un país donde se hable.

外国語ができるようになるには、その言葉が使われている国に住むのが最短の道よ。

María: Pero a no ser que tengas dinero para vivir en ese país, antes de ir allí necesitarás ahorrar.

でも外国に住むには、お金が無い場合は、行く前にちゃんと貯金をしなくちゃ。

Yurika: Exacto. Además en el caso de que vivas en el extranjero durante mucho tiempo, tendrás que tener en cuenta que no podrás trabajar.

そうよね。それに外国に長く住むとなったら、その間は仕事ができないものね。

María: Muy pocas empresas permiten tomarse un año sabático a condición de que se vuelva un año después…

1年後に戻ってきますという条件で、1年も休暇をくれる会社なんて、なかなかないわよね。

Yurika: De manera que para dominar un idioma se necesita tiempo y dinero.

つまり、外国語をマスターするには、お金と時間がかかるってことね。

María: Ese plan me parece como si fuera un sueño.

そんな計画、私には夢みたいなものよ。

Yurika: Con tal de que aproveches para practicar con los nativos de ese idioma que vivan aquí… no es un sueño imposible.

でも国内に住んでいるネイティブスピーカーと練習できれば、夢でもないわよ。

ワンポイント

antes/antes de que~

~するまえに

de」を入れても入れなくても意味は同じです。まだque以下のことが起こっていない時点での発話なので、未実現のモード「接続法」になります。

María: ¡Qué cielo tan nublado! ¿A que llueve esta tarde?

なんて雲が多いのかしら…午後は雨になるかもね。

Yurika: Antes de que llueva, acabemos de comprar todo y volvamos al piso.

雨が降る前に、買い物を終えてピソに帰りましょうよ。

con tal/con tal de que~

~するなら

de」を入れる場合がありますが、意味は変わりません。発話時ではまだ条件文を実行するかどうか未定なので、こちらも接続法です。

María: ¿Crees que puedo dominar el japonés si me lo enseñas?

あなたに教えてもらったら、私は日本語をマスターできると思う?

Yurika: Con tal de que me pagues, te doy clase. Pero el japonés es muy dificil, creo yo.

お金を払ってくれるなら、レッスンをやるわよ。でも日本語は難しいと思うわよ。

de manera que~

~するように

de modo que~」も同じ意味です。que以下は「主文の目的となる“未実現の”ゴール」なので、接続法を使います。

María: De manera que para dominar el japonés, ¿qué es lo primero que hay que hacer?

日本語のプロになるために、まず何を勉強しなくちゃいけないかしら?

Yurika: Antes de todo, tienes que aprender hiragana, katakana, y kanji.

まずはひらがなとカタカナ、それに漢字もね。

en caso de que~

~の場合は

en el caso de que~」という場合もありますが、意味は変わりません。こちらも条件文の接続表現で未実現のため、接続法を使います。

María: Me voy ya. Volveré más o menos a las 8 de la noche.

行ってきます。8時ごろには戻ると思うわ。

Yurika: En caso de que no hayas vuelto a esa hora cenaré sola.

その時間に戻らなかった場合は、私ひとりで夕飯を食べるわね。

つ・ぶ・や・き

良く使う接続法動詞は、定型句の中に取り入れられていることも多いですね。「これは非現実だから…」と考える前に、口を次いで出てくるようになれば理想です。

現地では、小さい子供も接続法表現を楽々使っていて、感心させられます。習うより慣れろ。言い尽くされた言葉ですが、まさにその通りなのです。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP