スペイン語講座

スペイン語のオノマトペ

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【動物の鳴き声のオノマトペ】です。

日本語では、犬は「ワンワン」と吠えますが、スペイン語では何というかご存知ですか?クイズ形式で、スペイン語と日本語のオノマトペ の違いを見ていきましょう!

動物の鳴き声のオノマトペ

Taro : ¿Cómo se llama el animal que canta “Kokekokko” en español?

「コケコッコー」って鳴く動物、スペイン語では何て言うの?

Juan : ¿“Kokekokko”? ¿Qué es eso?

「コケコッコー」?それは何だい?

Taro : Es un pájaro de tamaño medio. Se levanta temprano.

中型の鳥だよ。早起きなんだ。

Juan : Ah, es un “gallo”. ¿En japonés canta así? ¡Qué interesante!

ああ、それは ”gallo(ニワトリ)” だね。日本語ではそんな声で鳴くのかい?面白いなあ!

「オノマトペ」とは、音や声や状態を表した語のことで、同じ事柄でも国によって表 現に違いがあります。

Quiquiriquí

キキリキー

みなさんもご存知の動物です。不思議な鳴き声ですが、どの動物かわかりますか?

正解は、上の会話文でも取り上げた “gallo(ニワトリ)” でした。 ”gallo” はオスのニワトリのことを指していて、メスの場合は ”gallina” になります。

日本語とはずいぶん鳴き方がちがうので、おもしろいですね。ちなみにヒヨコは日本語のように ”Pio pio(ピオピオ)” と鳴きます。

Hii hii hii

ヒーヒーヒー

笑い声や泣き声のような不思議なオノマトペです。答えは ”caballo(ウマ)” でした。

Miau miau

ミャウミャウ

これはわかる方が多いかもしれませんね。正解は ”gato(ネコ)” でした。可愛らしいイメージの音ですね。

ちなみに、スペイン語にある動詞 ”maullar” は「(ネコが)鳴く」という意味で、基本的にほかの動物には使われません。

Grgrgrrr

グルグルグルー

意外なオノマトペかもしれません。正解は ”león(ライオン)” でした。百獣の王というには少し可愛らしく聞こえる鳴き声ですね。

Guau guau

グアウグアウ

みなさんにもお馴染みの動物です。正解は ”perro(犬)” でした。ちょっと怖く聞こえるオノマトペですね。

スペイン語で動詞「(犬が)吠える」は ”ladrar”、また「遠吠えする」は ”aullar” と言います。

Oink oink

オインクオインク

最後は難問のオノマトペです。こんな鳴き声の動物、何かわかりますか?正解は ”cerdo(ブタ)” でした。

日本語の「ブーブー」とは全く異なるので、おもしろいですね。

おわりに

いかがでしたか?動物の鳴き声のオノマトペでした。ほかにもおもしろい鳴き声のオノマトペがたくさんあるので、探してみてくださいね!

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

驚きを表現するスペイン語の間投詞前のページ

スペインのビーチはよりどりみどり①次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP