スペイン語講座

JUGARとFUGARSEの使い方

同じように聞こえるけど実は全然意味が違うという単語は山のようにありますよね。スペイン語でもそれは同じ。注意を払って聞いていないとついつい勘違いしてしまうことも。

今回はその中でもとても似ている二つの単語を見てみましょう。

会話

Lara: Ayer vi la noticia de que unos prisioneros se fugaron de la cárcel.

昨日ニュースで囚人が何人か刑務所から逃げたって言ってたわ。

Paola: Qué miedo. ¿Eran criminales que les quedaba mucho tiempo de condena?

恐いわね。まだ何年も服役期間が残ってる人たちだったのかしら?

Lara: No sé. Lo que decía la noticia era que son extrosionistas.

それは分からないわ。でも恐喝罪で服役してた人って言ってたわ。

Paola: Bueno, si son extrorsionistas, sin importar en donde esté van a seguir haciendolo.

それなら刑務所の中でも外でも恐喝し続けるでしょうね。

Lara: Eso si es cierto. Por cierto, la palabra “fugarse” no la usa mucho en la vida cotidiana, ¿verdad?

それはそうね。そういえば fugarse っていう単語はあんまり日常生活で使わないでしょ?

Paola: Quizá no mucho. Mas en las noticias o en las ocaciones formales se usa creo yo.

そうね。ニュースやフォーマルな機会には使われるみたいだけど。

Por lo menos sabia el significado asi que pude entender.

少なくとも意味は知ってたから話の筋は分かったわ。

fugarseの意味と使い方

fugarse(逃げる)の同意義語は huirse, escaparse などです。

Se fugó el asecino de la prisión. 

殺人犯が刑務所から逃走した

主に犯罪者に対して使われる言葉です。huirse escaparse でも意味は通じますが、フォーマルではありません。

Quería matar el ratón que estaba en la cocina pero se escapó.

キッチンにいたネズミを退治しようとしたけど逃げられた

この場合は fugarse は使いません。

スペイン語を学び始めて気づくのが、JFの発音の違い。とても似ていますが、Fは前歯を下唇にのせて発音します。

jugar=遊ぶ、fugarse=逃走するなので、ちょっとした発音の違いで全く意味が違ってきます。

それと fugarse fugar という単独ではほとんど使われない再帰動詞なので、そこにも気を付けて聞き取りましょう。

おわりに

今回は発音が似ていても意味が違う言葉の一例を見てみましたが、スペイン語にはほかにもそんな単語が沢山あります。

比較しながら少しずつ学んで、是非日常生活で使ってみてください。

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

Abastecerの便利な使い方前のページ

規制に関するスペイン語次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP