スペイン語講座

驚きを表現するスペイン語の間投詞

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【驚きを表現する間投詞】です。間投詞は、自分の気持ちを伝える上で欠かせない要素です。

びっくりしたとき、スペイン 語ではどんな反応をするのか、ネイティブたちがよく使う表現を勉強していきましょう!

驚きを表現する間投詞

Juan  : ¡Ay!

痛い!

Taro  : ¿Qué pasa, Juan?

フアン、どうしたの?

Juan  : Me he pillado el dedo con la puerta.

ドアに指を挟んじゃったんだ。

Taro  : Está hinchado y rojo. Espera, que ahora te traigo una bolsa de hielo.

腫れて赤くなってるよ。今、氷のうを持ってくるから、待ってて。

¡Ay!

上の会話文でも出てきた表現です。「痛さ」や「悲嘆」を表します。

¡Ay! Se me ha roto el vaso.

ああ!コップが割れちゃった。

¡Dios mío!

直訳すると「私の神様!」となる間投詞で、英語で言う「オーマイゴッド!」と似た表現です。

悲しみや喜びを表します。類似の表現に ”¡Madre mía!” や “¡Dios santo!”、 ”¡Madre de Dios!” など様々なバリエーションがあります。

¡Dios mío, he aprobado el examen!

やった、試験に合格した!

¡Ah!

日本人が使う「ああ」に似ています。悲しみだけでなく、喜びや、納得や了解を表現するときにもよく使われます。

例1

¡Ah! Aquí está el anillo. 

ああ!ここに指輪があった。

例2

¡Ah, ya veo!

ああ、なるほどね!

¡Anda!

「歩く」という意味の動詞 ”andar” から派生した間投詞です。驚きを表すほかにも、人に促すときや懇願するときにも使われます。

例1

¡Anda! Pensaba que estabas en el restaurante. 

なんだ、君はレストランにいるんだと思っていたよ!

例2

¡Anda, vamos!

さあ、行こう!

¡Hombre!

「人間」や「男」という意味の名詞ですが、間投詞的に使われることがあり、「驚き」や「不快感」を表します。

例1

¡Hombre! Yo no sabía nada. 

ええ!僕は何も知らなかったよ。

例2

A: ¿Te vas a casar con ese chico?

その人と結婚するの?

B: ¡No, hombre, no!

いいえ、まさか!

¡Vaya!

「驚き」に加え、「怒り」を伝えたいときにも使われる表現です。

例1

¡Vaya, es un milagro!

おお、奇跡だ!

例2

¡Vaya negocio! 

とんでもない商売だ!

おわりに

いかがでしたか?驚きを表す間投詞でした。間投詞を使いこなせるようになると、まるでネイティブのような自然な会話ができます。

最初は使いづらいかもしれませんが、さまざまなパターンを学習して、実際に使用して慣れていってくださいね!

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペインの国民食ボカディージョ前のページ

スペイン語のオノマトペ次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP