スペイン語講座

スペイン語de挨拶「こんにちは・おはよう」

¡Hola todos!(みなさん、こんにちは!)今日はスペイン語の基本である「あいさつ」をご紹介します。

コミュニケーションをとる際に必須のあいさつ表現、みなさんはご存知でしょうか?笑顔で言えるよう、何度も声に出して繰り返し練習してみましょう!

スペイン語の挨拶「こんにちは・おはよう」

おはよう

一日を始めるあいさつ「おはようございます」は、”Buenos días”といいます。

単数形で”Buen día”という場合も。このあいさつは、昼食の時間くらいまで使われます。ちなみに、スペインの昼食の時間は日本にくらべて遅く、午後2時くらいなので注意してくださいね!

こんにちは

昼食の時間を過ぎたら、「こんにちは」”Buenas tardes”といいます。

上でとりあげた「おはよう」の”días”は男性名詞でしたが、 ”tarde”は女性名詞のため ”buenos”は ”buenas”にかわります。

もう少しくだけた言い方で、”Buenas”のみであいさつすることもできます。

こんばんは・おやすみ

日本語では「こんばんは」と「おやすみ」は別ですが、スペイン語では一つの表現、”Buenas noches”です。夜間に人に会ったときや、寝る前に使いましょう。

やあ!

「おはよう」・「こんにちは」・「こんばんは」、どの時間にも使える万能のフレーズ、 ”Hola”。

友達や家族の間などで気軽に使うことができます。お店やバルに入るときも、 ”¡Hola!”と笑顔で店の人にあいさつしましょう。

ありがとう

「ありがとう」は、”Gracias”といいます。

ci”の部分は、スペインでは主に英語の【th】と同じで舌を挟んで発音しますが、南米では日本語の「シ」のように発音します。

地域によって発音が違う点も、スペイン語の面白さの1つですね。

どういたしまして

Gracias”と言われたら、 ”De nada”と返しましょう。

Gracias”といわれて「こちらこそ」と返す場合は、 ”a ti(直訳で「あなたへ」という意味)”といいます。買い物をした際、 ”Gracias”というと ”A ti”と返されます。

さようなら

「さようなら」にあたることばは、 ”Adiós”です。

このことばは、映画やドラマなどで聞いたことがある方も多いのでは?

実は ”Adiós”だけでなく、「またね」や「明日ね」など日本語と同じように、スペイン語にも別れの表現はいくつかあり、相手やシチュエーションによって使い分けています。

これについては次回で詳しくとりあげるので、お楽しみに!

おわりに

いかがでしたか?どの言語でも、あいさつは、人と人とのコミュニケーションの一歩です。

気持ちのよいあいさつは、その後の会話をスムーズにします。笑顔で元気よくあいさつができるよう、練習してみましょう!

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペイン語の再帰動詞前のページ

スペイン語のあいさつ表現いろいろ次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP