スペイン体験

スペインの伝統舞踊、フラメンコ

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回もテーマは【フラメンコ】です。

スペインだけでなく世界中で盛んなフラメンコですが、フラメンコ鑑賞をする上で用語がわかると、ショーをさらに楽しむことができます。今日はフラメンコの基本用語を勉強していきましょう!

基本のフラメンコ用語

Juan : Una vez he ido a ver un espectáculo de flamenco en Granada. Me encantó el ambiente.

一度、グラナダでフラメンコのショーを見に行ったことがあるよ。雰囲気がすごくよかったよ。

Taro : ¿Cómo era?

どんな感じだったの?

Juan : El público jaleaba a la bailaora y se creaba un ambiente íntimo y acogedor

観客が踊り手に掛け声をかけていて、親密で心地よい雰囲気が生まれていたよ。

Taro : Eso es muy de flamenco.

すごくフラメンコらしいね。

bailaor

踊り手

動詞 “bailar(踊る)” に関連しています。通常ならば踊り手のことは ”bailador” と言いますね。

フラメンコの本場アンダルシア地方では、母音間の ”d” が消える訛りがあるので、フラメンコの踊り手は ”bailaor” と言います。

日本で使われるフラメンコ用語でも、「バイラオール」が一般的です。女性の踊り手には ”a” を足して ”bailaora” にします。

ちなみに、「歌い手」も動詞 ”cantar” に関連して ”cantaor(a)” と言います。

guitarrista

ギタリスト

ギターはフラメンコ音楽に欠かせない要素です。

名詞 ”guitarra(ギター)” から ”a” をとって ”ista” を付けると、「ギターを弾く人=ギタリスト」になります。

rr”の発音は巻き舌なのでちょっと難しいのですが、練習してみてください。

jaleo

ハレオ

フラメンコの舞台で使われる掛け声のことです。ショーが盛り上がると、観客が舞台に向かって「ハレオ」を言うのがフラメンコならではの楽しみ方です。

どんなハレオがあるのか、見てみましょう。

【¡Ole!】

「素敵!」というニュアンス。広い意味があるため、一番使いやすいハレオです。

【¡Baila bien!】

直訳すると「踊りが上手!」という意味。踊り手に対する賞賛の言葉です。歌い手に対しては ”¡Canta bien!” 、ギタリストに対しては ” ¡Toca bien!” が使われます。

【¡Guapa!】

「きれい、美人」という意味。女性に対して使います。男性に言うときは語末を変えて ”¡Guapo!” にします。

【¡Vamos allá!】

直訳すると「さあ行こう」という意味。英語でいう ”Let’s go” のようなニュアンスです。

アンダルシア地方では語末の ”s” が消えて聞こえることがあるので、「バモジャー」と言っているように聞こえます。

おわりに

いかがでしたか?基本のフラメンコ用語でした。ショーを鑑賞するときは、使われる単語に注目してみてくださいね。

ぜひ「ハレオ」を言って場を盛り上げてください!

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP