スペイン語講座

YOが主語に使われないスペイン語動詞

言語を学ぶときに気を付けるのは主語・動詞の順番とよく言われます。でもスペイン語には yo が主語にならない動詞がたくさんあるんです。

今回はそのいくつかを見てましょう。

会話

Nallely: ¿Viste el anuncio de carro que estaba en el periódico esta mañana?

今朝の新聞にあった車の広告見た?

Kevin: No lo vi. No pensé que te interesaban cosas del carro.

見てないよ。君が車に興味があったなんて知らなかったよ。

Nallely: Claro que no me interesa mucho. Es por mis papás. La vez pasada que me llamó mi mamá, dijo que estaban buscando carros.

興味があるわけではないわよ。うちの両親のためよ。前回母親が電話で車を探してるって言っていたから。

Kevin: Pero ellos acaban de vender su carro porque ya no querían, ¿verdad?

でもついこの前必要ないからって車を売ったんじゃなかった?

Nallely: Asi es pero resulta que a mi mamá le duele mucho sus piernas asi que otra vez están pensando comprarlo.

そうよ。でも母の足がかなり痛むらしくて、もう一度車を買うことを考えているみたい。

Kevin: Tengo un amigo que quiere vender suyo. Cuéntales a tus papas quizá les interese.

僕の友達に車を売りたいって言う人がいるよ。君の両親に言ってみてよ、きっと気に入ると思うよ。

主語が普通でない動詞の種類

一番使われる頻度が多いのが gustar(~を好きにさせる)です。

Me gusta el pollo frito. 

フライドチキンが私を好きにさせる→私はフライドチキンが好き

この場合文法的にはフライドチキンが主語になります。

他にも次のような動詞が同じ使い方をします。

interesar(~に興味をもたせる)

A Kevin le interesa la cocina. 

料理がケビンに興味をもたせる→ケビンは料理に興味がある

doler(~を痛ませる)

Me duelen los brazos.  

腕が私を痛ませる→腕が痛い

aburrir(~を退屈にさせる)

Me aburre este programa.

この番組は私を退屈にさせる→この番組は退屈だ(私はつまらない)

おわりに

よく注意してみると、スペイン語にはこのタイプの動詞がかなりの数あります。一筋縄にはいかない使い方なので、ぜひ注意して覚えてくださいね。

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペイン語のGUSTARを使う時に注意すること前のページ

「~するつもりだった」を表すスペイン語次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP