スペイン語講座

deberを使ったスペイン語表現


「~しなければならない」という意味を持つ deber。同じような意味の言い回しに「tener que」や「hay que」がありますが、これらとは少しニュアンスが違います。

さて今回は deber を使ったスペイン語の表現に着目していきましょう。

会話

Diana:Esta semana Alex nos ha puesto muchísimos deberes.

アレックス先生、今週ものすごく宿題を出してきたよね。

Julia:¡Es que…! ¡Son demasiados! Últimamente no puedo ni salir.

もう~、多すぎだよ。最近全然出かけられないもの。

Diana:Pero como el mes que viene hay un examen, debemos hacerlos.

でも来月にはテストがあるから、さぼれないしね。

Julia:Sí, debemos estudiar porque no podemos suspender el próximo examen.

うん、今度のテストは落ちるわけにはいかないから、勉強はしておかないと。

DianaHay que tener paciencia hasta que pase el examen.

テストが終わるまでの辛抱だね。

Julia:Cuando termine el examen, vamos a celebrarlo con una buena comida, ¿vale?

終わったら何かご馳走を食べに行こうよ。

Diana:Sí. Bueno, tengo que irme.

そうだね。さてと、そろそろ帰らないと。

ここに注目!

「~しなければならない」と言いたい時、個人的にやらなくてはいけない事がある場合には「tener que」、一般的な義務や事柄には「hay que」を使って表現します。

一方、deber は道徳的・道義的な観点で「~すべきだ」「〜したほうがいいだろう」というニュアンスを表しています。

deberを使ったスペインの表現

~しなければならない・~すべきである

※道徳的・道義的に「~すべきである」という事柄に対して deber を使います。

Los conductores deben obedecer las normas de tráfico.

運転者は交通ルールに従うべきである。

~してはいけない・~すべきではない

※否定形では、禁止事を表します。

Si tienes fiebre, no debes salir.

熱があるなら外出しないほうがいい。

~に違いない・~であるはずだ

※「deber de +不定詞」で「~のはずだ」という表現になります。

Laura debe de estar trabajando.

ラウラさんは今仕事をしているはずだ。

借りがある

※「借金がある」「負債がある」という意味でも deber が使われます。

Les debe cincuenta euros a sus padres.

彼は両親に50ユーロの借金がある。

おわりに

deber は新聞やニュースでもよく使われます。しっかり覚えておきましょう。

ちなみに、deber の複数形である deberes は「宿題」という意味。スペイン語をマスターするために deberes は大事ですね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP