コミュニケーション

葬式やお悔みのときに知っておくと役立つスペイン語

人が亡くなる場面には出くわしたくないものですが、避けて通れませんよね。親しい友達の家族になにかあったとなると、訪問しないわけにはいきません。

今回はそんな時に気持ちを伝えるのに役立つフレーズを見てみましょう。

会話

Gaby: ¿Te enteraste que falleció la abuela de Nancy?

ナンシーのおばあさんが亡くなったって聞いた?

Karen: No lo sabía. ¿Cuándo fue?

知らなかったわ。いつの話?

Gaby: Fue el sabado pasado. Apenas tres días han pasado.

先週の土曜日よ。たった3日しかたってないの。

Karen: Pobrecita ella. Me contó que se habia criado con su abuela asi que ha de doler mucho.

かわいそうに。おばあちゃんの家で育ったって前ナンシー言ってたから、辛いだろうな。

Gaby: Me imagino. Me contaron que todavía está en la casa de su abuela ordenando sus cosas.

本当にそうね。まだおばあさんの家で荷物の整理をしてるって聞いたわ。

Karen: ¿Por qué no vamos a ir con ella para animarla un poco?

ちょっと彼女のところに行って元気づけてあげられたらいいけど、どうかな?

Gaby: Lo mismo pensaba yo también. Si necesita ayuda, podemos quedarnos un rato para ayudarla.

私もちょうどそう思っていたところ。もし必要なら少し手伝ってあげることもできるしね。

Karen: Buena idea. Quizá pasemos a comprar algo para que pueda comer junto con su familia.

いいアイディアね。家族で食べられるように何か買って行ってあげるのはどうかな?

お悔みの時に役立つフレーズ

普段の会話で残念な気持ちを表すことはできても、さすがにお悔みの時はフォーマルにと思いますよね。これからあげる例文はそのまま使えます。

Mi más sentido pésame.

心からお悔やみ申し上げます。

一番よくつかわれる表現です。

Lamento mucho el fallecimiento de ~ .

~のご逝去を残念に思います。

Siento mucho la pérdida de ~ .

~のご逝去を残念に思います。

おわりに

お葬式の時にはなかなか言葉が出づらいものですが、このフレーズと共に一緒に涙を流し温かく抱きしめてあげることで、こちらの気持ちは十分伝わると思いますよ。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP