独学で勉強/スペイン語講座エスパ

スペイン語講座

率直に話すってスペイン語で何という?

日本人はどうやったら相手の気持ちを害さずに上手に自分の考えを伝えれらえるか、考えることが多いですよね。その反面、あまりにも遠回しでうまく伝わらないこともあります。

今回はスペイン語で「率直に話す」という慣用表現を見てみましょう。

会話

Haru: ¿Me expliqué bien lo que quería decir?

言いたいことちゃんとわかってもらえたかな?

Omar: Te soy sincero, no entendí mucho. Creo que estas preocupado por pensar en cómo reaccionaríamos nosotros, pero aquí no necesitas preocuparte nada de eso.

本当のことを言うと、あんまり伝わらなかったかな。たぶん僕たちの反応を心配しているんだろうけど、ここではそういう心配は全くしなくていいよ。

Estamos abiertos para todo. No nos vamos a ofender ni molestar. Como diríamos aquí en México, hablemos a calzón quitado.

どんな意見でも聞いて取り入れるから。怒ったり機嫌悪くなったりすることもないし。メキシコでいう、パンツなしで話そうってやつ。

Haru: ¿De veras se usa esa expresión?

なにその表現?

Omar: No vayas a pensar que estoy hablando de manera literal. Es para decir que hablemos directamente sin ocultar nada.

文字通りの意味で言ってるんじゃないから誤解しないでよ。包み隠さずに率直に話し合おうっていう意味だよ。

Haru: ¡Qué interesante la expresión! Bueno, trataré de hablar con toda mi sinceridad. Espero me entiendan.

面白い表現だね。じゃあ心から率直に話すようにするよ。わかってもらえるといいな。

 独学で勉強/スペイン語講座エスパ

「率直に話す」の慣用表現

A calzón quitado

この表現の起源は16-17世紀までにさかのぼります。Calzón というと今は下着のことですが、以前はズボンを指していたようです。

つまりズボンなしで=裸で話そう=包み隠さずなんでも率直に話すという意味になり、今でもこの表現が使われているわけです。

Hablar sin pelos en la lengua

舌に毛がない状態で話そう=回り道をしないで率直にという意味で、これも歯に衣着せぬという日本語の慣用表現に似ています。

おわりに

日本に比べて海外ではフランクにストレートに話すことが多いですが、それでも腹を割って本音で語り合いたいときは、こんな表現を使って相手と分かりあいましょう。

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

 独学で勉強/スペイン語講座エスパ尊敬や敬意を表すスペイン語前のページ

新着スペイン語レッスン

  1.  独学で勉強/スペイン語講座エスパ
  2.  独学で勉強/スペイン語講座エスパ
  3.  独学で勉強/スペイン語講座エスパ
  4.  独学で勉強/スペイン語講座エスパ
  5.  独学で勉強/スペイン語講座エスパ