スペイン語講座

日本語からスペイン語に訳すのが難しい表現②

日本語ではよく使うけどスペイン語ではなんて言うの?と考えてしまういくつかのフレーズを見てみましょう。覚えてしまうと毎日使えるので便利ですよ。

会話

Jimena: Tuvimos tanto trabajo hoy, ¿verdad?

今日はすごい仕事量だったわね。

Lily: Es que hoy nos tocó trabajo de lo que están de vacaciones. Pero ya estuvo.

今日は休暇中の人たちの分の仕事もしなきゃいけなかったからね。でももう終わった話。

Jimena: Que alivio se sinte al terminar.

やっと終わってホッとするわ。

Lily: Yo también siento lo mismo.

私も同感だわ。

Jimena: Bueno, seguiremos trabajando duro la otra semana.

じゃあ、また来週も頑張ろうね。

Lily: OK. Entonces ya me voy, ¡Hasta luego!

そうね。じゃあお疲れ様、またね!

Jimena: ¡Que descanses y disfrutes de tu fin de semana!

週末を楽しんでゆっくり過ごしてね!

お疲れさまって何て言う?

仕事場に入るとき「お疲れ様です」、仕事を出るとき「お疲れさまでした」っていうのが日本の習慣ですよね。

スペイン語には、日本語からそう直訳できる言葉は残念ながらありません。ではどう訳せるでしょうか?

【仕事に入るとき】

¡Hola! ¿Qué tal?

【仕事を出るとき】

¡Hasta luego! ¡Que descanses!

「え?こんなにいつも通りでいいの?」と思うかもしれませんが、もともと「お疲れ様」の表現の裏にあるのは、仕事の疲れを癒してね、しっかり休んでねということですよね。

ということで、スペイン語ではこのように言えます。仕事に入るときのお疲れさまも、スペイン語では日本のように堅い敬語はないので、普通のあいさつ程度になります。

他にも、¡Hasta mañana! 、¡Que tengas buen fin de semana! など、類似した表現はたくさんあります。時と場合、誰に声をかけるかによって使い分けられます。

おわりに

直訳すると頭を抱えてしまう表現でも、言葉の背後にある意図をくみ取ると、スペイン語に直しやすくなります。堅く考えないで、こんな時にどんな言葉をかけてもらったら嬉しいかな?と考えてみましょう!

意外にぴったりな表現が見つかるかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP