コミュニケーション

動物の名前でも使い方に注意!

スペイン語に慣れてくると少しずつ語彙が増えていきますよね。普通に使う時はなんの問題もないんだけど、ちょっと使い方を間違えると相手を侮辱する言葉に!

今回は知っておくと問題を避けられる、いくつかの言葉を見てみましょう。

会話

Keiko: Esta haciendo un calor horrile, ¿no crees?

この暑さ、ありえないと思わない?

Luis: Estoy sudando a chorros. Tengo ganas de bañarme con agua helada.

流れるように汗かいてるよ。氷水のシャワーを浴びたい気分だな。

Keiko: Yo también quiero. Pero imagínate, cuando hay frio, ni dan ganas de bañarse.

私も。でも寒い時はシャワーを浴びたいとも思わないわよね。

Luis: ¿Te cuento algo? El invierno pasado que hizo frio tremendo, no me animé bañarme unos días.

そうそう、去年の冬極寒が数日続いた時、シャワーすら浴びなかったんだ。

Keiko: No seas coche. Pero te entiendo. A mi también me ha pasado que rápidamente me lavo la cabeza y salgo corriendo de la ducha.

もう汚いんだから。でも気持ちは分かるわ。私も頭だけさっと洗って急いでシャワー終わらせてたもの。

Es que es insoportable el frio.

だってあの寒さは耐えられないもんね。

Luis: Resulta que somos tan quejunbrosos. No estamos contentos para nada.

僕たち文句ばっかりだよね。何にも満足しないってこういうことか。

気を付けたほうがいい動物名

Cerdo, coche

本当に豚が汚いわけではありませんが、豚=汚いという形容詞に使われます。

La gente es tan coche que tira la basura en la calle.

道にごみを捨てるなんて汚い人たちだ

Burro

ロバ

ロバ=愚かという意味で使われます。例えば、なにかしでかしてしまった時

¡Qué burro soy! Encerré la llave dentro del carro.

車のカギを取り忘れるなんてなんてバカなんだ

自分が何かをしでかしてしまった時に使う分には問題ありませんが、他人のこととなるとよっぽどの信頼関係がない限り侮辱的に聞こえてしまうので注意しましょう。

Perro(a)

いぬ

なんで犬が?と思う方もいるかもしれませんが、スペイン語では perra(メス犬)=娼婦、売春婦という意味にも使われます。

文字通り犬のオスメスの区別をするときに使うのは全く問題ありませんが、人に関して使うのは口に出すのもはばかられるほどのかなりの侮辱になります。

おわりに

使う場面を間違うと大きな問題になってしまうのが言語。よく使われる動物の名前ですが、どんな文脈で使われるかで大きく意味が変わってきます。ぜひ注意して使ってください。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン