文化・習慣

何にでも好奇心旺盛なラテンアメリカの文化

事故や事件があると野次馬が集まってくるということがありますよね。日本ではあまりいいことに思われませんが、ラテンアメリカでは当たり前なんです。

今回はそんな文化を見てみましょう。

会話

Miho: ¿Escuchaste la bulla de anoche?

昨夜の騒ぎ聞こえた?

Paola: Si, era tanto que me despertó. Como no me dejaba dormir, fui a ver qué estaba pasando.

もちろん、うるさくて目が覚めちゃった。どうせ寝れなかったから何かと思って見に行ったの。

Miho: Y ¿qué era entonces?

それで、何だったの?

Paola: Hubo un incendio. Pero no fue tan grave. De hecho, pudieron apagar pronto el fuego. No hubo ningun herido.

ちょっとした火事だったけどそうひどくはなかったみたい。すぐに消火できたみたいよ。けが人もいなかったみたいだし。

Miho: Que bueno que no fue tan grave. ¿Habia mucha gente, verdad?

ひどくなくてよかった。いっぱい人がいたでしょ?

Paola: Habia tanta gente que no lograba ver.

人だかりで見えなかったくらいよ。

Miho: La gente es tan curiosa que aparece en todos lados.

好奇心旺盛な人はどこにでもいるものよね。

Paola: Yo también soy una de estas personas.

私もその一人だけどね。

好奇心旺盛なラテンアメリカ人

ちょっとした騒ぎや事件事故が近くであると、とにかく人だかりができるのがラテンアメリカです。

スペイン語で直接野次馬を意味する言葉はありませんが、使える動詞としては meterse~(首を突っ込む)があります。例えば、

Mis padres se meten mucho en nuestro matrimonio.

うちの両親は夫婦の問題に首を突っ込んでくる

特にグアテマラでは shute という単語があるくらいです。

Juan es muy shute, quiere saber de todo.

フアンは何でも知りたがりだ

おわりに

夜の交通事故の現場に人だかりができて、大型トレーラーが気づかずに大勢をはねてしまうなどの事件も起こっています。

好奇心旺盛なのは悪いことではありませんが、安全とプライバシーには十分に気を付けないといけませんね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP