現地生活・注意点

事故・火事・救急。スペインでの緊急時は112番!

スペインでは、事件や災害など緊急事態が発生した場合に「112」番に電話をします。

この番号に通報しなければいけないような事態が起こらないことを願いますが、海外旅行中や日常生活の中での万が一に備えて、念のため緊急通報について心得ておきましょう。

会話

Satoshi:¡Qué atasco!

すごい渋滞だね。

Diego:Parece que ha habido un accidente.

事故があったみたいだよ。

Ahí delante hay varios coches parados, por lo que es posible que haya sido un accidente grave.

この先に何台も車が止まっているから、ひどい事故だったのかもしれない。

Satoshi:¡No me digas! Por cierto, cuando ves un accidente de tráfico como este en España, ¿a qué teléfono tienes que llamar?

そういえば、こういう交通事故があった場合に、スペインではどこに電話をかけるの?

Diego:El número de emergencia es el uno, uno, dos.

緊急は112番。

Satoshi:¿Es el número de la policía?

警察にかけるということ?

Diego:No, el uno, uno, dos es el número único para cualquier tipo de emergencia,

いや、112番はすべての緊急事態の受付。

ya sea por un accidente, un incendio, un enfermo grave o un desastre natural.

事故も火事も病気も災害も。

Satoshi:¿Los bomberos, la policía y las ambulancias no van por separado?

消防と警察と救急が分かれていないの?

Diego:Sí, lo que pasa es que, cuando le explicas lo que ha pasado a la persona que te atiende al teléfono, ella se encarga de avisar a quien sea necesario.

分かれてはいるけどれど、まず説明をすれば、どんな対応が必要なのかを相手が判断してくれるから。

Por eso, ante cualquier emergencia, llama al 112.

とにかく、何かあったら112番だよ!

スペインで緊急事態が発生したら112番!

救急車を呼びたい・消防に連絡したい・警察に通報したい、という時には、112番に電話をかけます。

また、例えば「体調が悪く今すぐ診てもらいたいけれど、どの病院へ行けばいいのかわからない」というような医療相談も、この番号に電話をすれば受診すべき機関を教えてもらえます。

内容に合わせて、救急・消防・警察・その他の機関のいずれか、即時に応対してくれるので、緊急事態が発生したらためらわずに112番に連絡をしてください。

ちなみに、112番はEU共通の緊急通報用電話番号なので、スペイン以外でも多くのヨーロッパ諸国が同じ番号を採用しています。

緊急事態備えて知っておきたいスペイン語

  • llamada de emergencia 緊急通報
  • ambulancia 救急車
  • coche de bomberos 消防車
  • policía 警察
  • accidente de tráfico 交通事故
  • incendio 火事
  • terremoto 地震

▼例文

ケガをしている人がいるので、至急、救急車の手配をお願いします。

Hay una persona herida. Por favor, envíen una ambulancia urgentemente.

交通事故を起こしてしまいました。

He tenido un accidente de tráfico.

アルカラ通りで火事が発生しています。

Hay un incendio en la calle Alcalá.

学校の前に不審者がいます。

Hay una persona sospechosa delante del colegio.

おわりに

スペインでは救急・消防・警察と番号が分かれていないので、覚えやすいですね。

緊急時には特に、スペイン語で冷静に事態を伝えるのは難しいかもしれませんが、「スペイン語があまりできないから大丈夫かな」ということは気にせずに、まず相談してみてください。

事故や火事などの場合は住所が肝心なので、通りの名前や場所の目安となるポイントを事前に確認しておきましょう。

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

クレジットカードを使う時に知っておきたいスペイン語前のページ

生活の中のスペイン語「空/満」表示次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP