スペイン語講座

スペイン語のaunとaúnの違い

同じ綴りでもアクセントがあるかないかで意味が異なる場合があります。アクセント符号は正しくスペイン語を理解するための大事なポイント!

今回は、aunaúnの違いに注目してみます。それぞれの使い方を確認していきましょう。

会話

Maki:La paella de tu madre está buenísima.

ラウラのお母さんが作るパエリアは本当においしいよね。

Diego:Es la mejor. Ni aun en los mejores restaurantes consiguen el mismo sabor.

最高だよ。高級レストランでさえ、あの味は作れないよ。

Maki:Me gustaría aprender a prepararla.

今度ぜひ作り方を習いたいな。

Laura:Yo también podría aprender. Por cierto, a mí aún no me ha enseñado ninguna receta.

私も一緒に習おうかな。そういえばまだ母のレシピを教えてもらったことがなかったから。

Diego:Teniendo una madre que cocina tan bien, deberías aprovechar para aprender ahora.

あんなにおいしいお料理を作るお母さんがいるんだから、今のうちにもっと学んでおくべきだよ。

Maki:Es verdad. Yo quiero que por lo menos aprendas la receta de esa paella para que perdure.

そうね。少なくともあのパエリアのレシピは引き継いでほしいよね。

ここに注目!

Ni aun en los mejores restaurantes…

高級レストランでさえ〜

aún no me ha enseñado…

まだ教えてもらったことがない

この aun は「~でさえ」という意味、そして aún は「まだ」という意味の副詞です。

特に aún は日常会話の中でよく使われるので、アクセントが付いているということを意識して覚えておきましょう。

aunとaúnの違い

aun =~でさえも、~だけれど

類義語は incluso / aunque。「~だけれど」という意味としては、最近では aun よりaunque が使われることが多くなってきました。

aún=まだ

類義語は todavíaaun は文頭に置かれますが、aún は動詞の前に置かれるのが一般的です。

aúnを使った例文

Aún es pronto.

まだ早いです。

María aún no ha llegado.

マリアはまだ着いていません。

Carlos aún está comiendo.

カルロスはまだ食べています。

aunを使った例文

Aun así no puedo comprarlo.

それでも買えません。

Aun teniendo coche, Luis viene andando a la oficina.

 ルイスは車を持っているけれど会社へは歩いてきます。

おわりに

aun aún のようにアクセントの有無で意味が変わる単語はほかにもあります。

例えば、estaestáesteestési など。文字を見るとわかりやすいですが、ネイティブたちの実際の会話を聞き取るのは最初のうちは難しいかもしれません。

まずは違いがあるということを覚えて、使い分けができるように慣れていきましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン