学習方法・ポイント

スペイン語の難関「RとLの発音」の違い

スペイン語学習で初心者がぶつかる難関。その1つが、RLの発音です。日本人にとっては聞き分けにくく、発音に苦労している人も多いのではないでしょうか。

繰り返し聞き取りや発音の練習をして覚えていきましょう。

会話

~スペイン・イビサ島にやってきた2人の会話です~

Laura:Hacía tiempo que quería venir a Ibiza.

イビサにずっと来たみたかったんだぁ。

Emi:Por fin se ha cumplido tu deseo.

やっと念願が叶ったわね。

Laura:¡Mira qué cala tan bonita!

見て!あのキレイなカラ!

Emi:¿La de quién?

誰の?

Laura:Ahí.

あそこよ。

Emi:¡Pero si no hay nadie!

でも誰もいないわよ。

Laura:¡Ah! Creías que había dicho “cara”, ¿no? Me refiero a esa cala. Una cala es una playa pequeñita.

あぁ、もしかしてカラ(顔)のことだと思った?違うわよ、あそこにあるビカ(ビーチ)のこと。カラは小さなビーチのことを言うのよ。

Emi:¿Son palabras diferentes? Para mí suenan las dos igual. ¡Qué difícil!

単語が違うのね。でも私には両方同じように聞こえる・・・。難しいなぁ。

ここに注目!

cara は「顔」、cala は「小さなビーチ」を指す言葉です。

この会話では、ラウラさんの言葉をエミさんが聞き違えてしまったんですね。

カタカナで書けば、どちらもカラ。日本人にとってはRLの違いを明確に発音したり聞き分けたりするのは難しいかもしれません。

このようにRLの違いで意味が違うという単語があるので、注意しましょう。

RとLの発音の違い

R(エレ)は、上前歯の裏を舌の先で優しくなでるようにして発音します。軽く、ほんの一瞬だけ舌が歯の裏にふれる程度にすると、うまくできるようになるでしょう。

Rが単語の最初にくる時や、2つのRが重なっている時には巻き舌になりますが、それ以外は、舌を強くはじきすぎないようにするのがコツです。

L(エレ)は、Rよりも長く舌を上前歯の裏に付けているイメージです。一度、歯の裏に舌先を当てたまま、音を発し始めてみてください。そのまま歯の裏をしっかりはじくとLの発音になります。

RとLの発音に注意したい単語

  • cara(顔、高い)ー cala(ビーチ)
  • para (~のために)ー pala(シャベル)
  • pero(犬)ー pelo(髪)
  • suero(血栓、点滴)ー suelo(床、地面)

おわりに

RLの発音の難しさには、多くの人が苦労するところです。

違いが体感できるようになるまで、実際に何度も単語を発して、また、ネイティブの発音をよく聞いてみてください。

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペイン語学習の壁にぶつかった時の対処法前のページ

生活の中のスペイン語「休む」編次のページ

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP