コミュニケーション

スペイン語のジョーク・冗談

人生には、ちょっとしたユーモアが必要ですよね。

さて今回は、会話を和ませるスペイン流のジョークをご紹介します。

遊び心のあるスペイン人たちは、よく冗談を言います。真面目に捉えすぎないで、気楽にコミュニケーションを楽しみましょう!

会話

Diego: ¿Qué estás buscando, Emi?

エミ、何を探しているだい?

Emi: ¿Has visto una carta por aquí?

この辺りに手紙がなかった?

Diego: ¿Una carta del Banco Santander?

サンタンデール銀行からのレターのこと?

Emi: Sí, exacto.

そう、それよ。

Diego: Estaba en un montón de papeles ahí, encima de la mesa de la cocina, ¿verdad?

台所の机の上にたくさん置いてあった書類だよね。

Emi: ¡Sí, sí!

そうそう!

Diego: He metido esos papeles en la trituradora de papeles esta mañana. Pensaba que eran para tirar.

今朝、シュレッダーにかけておいたよ。処分するものだと思って。

Emi: ¡¿Qué dices?! Era una cita para una entrevista de trabajo. ¡¿Qué voy a hacer ahora?! No sé qué día ni a qué hora es.

何ですって?あれは仕事の面接用の書類なのよ!あぁ、私はどうしたらいいの!?日時も何もかもわからなくなっちゃったわ。

Diego: ¡Es una broma! He dejado tus papeles en la estantería de tu habitación.

冗談だよ!書類はすべてキミの部屋の棚に片付けておいたよ。

Emi: ¡Ay! Casi me matas del susto. ¡Te odio!

もう!ビックリして死ぬかと思った。あなたなんて大嫌い!

ここに注目!

 ¡Es una broma!

bromaはスペイン語で「冗談・ジョーク」の意味。

ユーモアで相手を驚かせたり楽しませたりした後には「¡Es una broma!(冗談だよ!)」とフォローするのがスペイン語会話の定番です。

chiste スペイン語のジョーク・笑い話

「ジョーク」を意味するスペイン語には、bromaのほかにchisteがあります。会話にシャレや遊び心を挟むbromaとは異なり、chisteはストーリー仕立ての笑い話のこと。

スペイン語にはたくさんのchisteがあるのですが、その一例を見てみましょう。

Entra un hombre a una oficina de empleo y dice:

— Buenos días. Busco trabajo.

Tras mirar en el ordenador, el trabajador le pregunta:

— ¿Le interesa de jardinero?

Y el hombre contesta:

— ¿Dejar dinero? ¡Si lo que busco es trabajo!

職業案内事務所に男が入ってきて、こう言った。

「おはようございます。私は仕事を探しています」

職員はコンピュータで求人情報を見てから男に質問した。

「庭師に興味がありますか?」

すると男は答えた。

「お金を貸すだって?私は仕事を探しているんですよ!」

このchisteでは、職員が言った「¿Le interesa de jardinero?」を男が「¿Le interesa dejar dinero?」と捉えてしまった、というのが笑いのポイント。

職員はjardinero(庭師)の仕事を提案しているのに、男は「dejar dinero」、つまり、お金を貸すと勘違いして「失業中なのにそんなことができるはずがない」とツッコミを入れています。

2人の会話が噛み合っていませんね。

Llega un hombre a un local y pregunta:

-¿Esto es una escuela de inglés?

Y le responden:

-If, if, between, between.

男がある場所に着いて質問した。

「ここは英語の教室ですか?」

すると、こう答えが返ってきた。

「If, if, between, between(もし、もし、間、間)。

最後の〝オチ〟がわかりましたか?

これは「ここは英語の教室ですか?」という質問に対する トンチンカンな答えが面白いところ。

受付の人は「Sí, sí, entre, entre(はい、そうです。どうぞ中に入って、入って)」と英語で言っているつもりなのですが、通じていません。

「はい、そうです」という意味のスペイン語は、アクセント記号が付いた。しかし、アクセント記号なしの「si」は「もし〜ならば」という意味を持ちます。

また「どうぞ入って」と言うには、動詞entrarの命令形(3人称単数)であるentreを使うのですが、同じ綴りのentreは「間」という意味の前置詞でもあります。

この2つの単語は、同じ響きで2つの意味を持つのです。受付の人はこれを間違えて直訳したため「If, if, between, between」と答えてしまいました。

英語教室なのに、これでは全く困りますね。

 おわりに

いかがでしたか?クスッと笑えましたか?その場の雰囲気や話している人の口調なども加わって、こうしたジョークは面白く感じられます。

意味がわからないとせっかくのユーモアがキャッチできずに、ちょっと残念。スペイン流のジョークを一緒に笑い合えるように、スペイン語を勉強していきましょう!

スペイン語教室エスパ

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでスペイン通になれる無料のメールマガジン

  • スペイン人の友達がほしい
  • スペインの文化や習慣をもっと知りたい
  • スペイン語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずスペインがどんな国かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • スペインで「スマートに会話を発展させる」便利な表現とは!
  • スペインで「相手に様子をたずねる」色々な表現
  • 簡単な色々なニュアンスでの「はい」「いいえ」の使い方とは!
  • スペインで体調不良になったときに困らない色々な表現とは

無料メールマガジン

スペイン人たちの結婚観とステータス前のページ

スペイン語の進行形:現在分詞による4つの表現法次のページ

新着スペイン語レッスン