スペイン語講座

スペイン語の〝oir〟と〝escuchar〟の違い

「聞く」という意味を持つ2つの単語〝oir〟と〝escuchar〟。どちらも似たようでいて、実際は使い方が異なります。

今回は、この2つのスペイン語単語をどんな時に使うのか、具体的な例文を参考にご紹介していきます。

会話

Laura:Anoche sobre las tres de la madrugada los vecinos de al lado estaban haciendo mucho ruido. ¿Lo oíste?

昨日、夜中の3時頃に隣の部屋がものすごくうるさかったよね。聞いてた?

Miguel:Estaba durmiendo profundamente, así que no oí nada. ¿Qué era? ¿Estaban de fiesta?

ぐっすり寝ていたから何も聞こえなかったよ。何?パーティでもしていたの?

Laura:No oía música. No creo que estuvieran dando una fiesta.

音楽が聞こえてきたわけではないし、パーティをしている感じでもなかったんだよね。

Oía hablar a alguien, pero tampoco estaba escuchando con atención, así que no sé qué decían.

話し声が聞こえてきたのだけど内容までは聞いていなかったからよくわからなくて。

Miguel:¿Estaban borrachos y armando jaleo?

酔っ払って暴れていたとか?

Laura:No lo sé, pero oía un ruido muy fuerte, como si estuvieran golpeando algún metal.

わからないけど、それにしても今までに聞いたことがないくらいの大きな音がしたの。鉄を打っているみたいな。

Miguel:Estarán inventando un aparato secreto.

何か秘密の発明でもしているんじゃない?

Laura:¡Oye! ¿Me estás escuchando?

ねぇ!真剣に私の話を聞いてる?

Miguel:Sí, te estoy escuchando con mucha atención. Solo estoy pensando qué podría ser.

ああ、ちゃんと聞いてるよ。何があったのか考えているだけだよ。

ここに注目!

Oía hablar a alguien, pero tampoco estaba escuchando con atención

「誰かが話している声は聞いたけれど、注意して聞き入っていたわけではなかった」と、ラウラさんが話しているこの一文。ここで「oía」と「estaba escuchando」という2つの動詞が出てきます。

寝ている時に自然と耳に入ってきた音に対しては oir、その後は内容に耳を傾けなかったという自主性が関わってくるので、動詞は escuchar になります。この会話では2つの単語が共に過去形で使われています。

¡Oye!

oyeoir の命令形です。「ねぇ!」「ちょっと!」と親しい相手に呼びかける時に、このように言います。

oirとescucharの違い

日本語に訳すと、oir は聞く、escuchar は聴く。

oir のほうは無意識に聞こえてくる時や、物音や話し声に対して使います。

El canto de los pájaros se oye desde lejos.

遠くで鳥の鳴き声が聞こえる。

Perdone, no le he oído bien. ¿Podría repetir lo que ha dicho?

すみません、よく聞こえなかったのでもう一度言ってください。

一方、escuchar は意識して聞いている時や、内容に耳を傾ける場面で使います。

Mi padre siempre escucha la radio mientras come.

父はいつも食事中にラジオを聞いている。

Él ya está cansado de escuchar sus fanfarronadas.

彼は彼女の自慢話を聞くのにもう飽きてしまった。

Deja el teléfono móvil y escucha bien lo que dice el profesor.

携帯をいじっていないで先生の言うことをしっかり聞きなさい!

おわりに

いかがでしたか?似ているようで同じではない〝oir〟と〝escuchar〟、2つの違いがわかりましたか?〝oir〟は不規則動詞なので、活用にも注意してください。

状況に合わせて使い分けて、ナチュラルな会話を目指していきましょう!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP