スペイン語講座

スペイン語でrecadoってどんな意味?

辞書で recado を調べると、お使い・頼まれごとなどの意味が出てきます。でもラテンアメリカでは料理に関して使われる言葉なんです。

この二つの使い方の違いを見てみましょう。

会話

Ana: Parece que mi mamá está preparando el almuerzo. Huele muy rico.

お母さんもうお昼ご飯作ってるみたい。いい匂いがするわ。

Lucy: De verdad. ¿Qué estará cocinando?

本当ね。何作ってるのかな?

Ana: No sé exactamente pero creo que es algo de lleva recado.

正確にはわからないけど、レカードが入ってるものだと思う。

Lucy: ¿Cómo lo sabes?

なんで分かるの?

Ana: Hoy en la mañana vi que estaba asando algunas especies y tenía la liquadora. Por eso supuse que era para recado.

今朝お母さんがいくつかの香辛料を炒ってたのを見たの。ミキサーもあったから、レカードを作るんだろうなと思ったの。

Lucy: Tienes razón. Pero aunque dice que es recado, hay muchos tipos, ¿verdad?

なるほどね。でもレカードって言っても色んな種類があるんでしょ?

Ana: Si. No sé si es de rojo o verde lo que está haciendo. Vamos a ver.

そうよ。今作ってるのは赤いか緑かどっちだろうね。見に行こうよ。

ラテンアメリカでのrecado

recado は日本語で言うと汁、スープ、ルーのようなものです。カレーやシチューのルーのように、少しとろみのある、でもサラサラのスープ状ではありません。

ラテンアメリカにはレカードを含む料理がたくさんあり、何で出来ているかによって色もだいぶ変わってきます。

例えば赤めのトウガラシが多めに入っているものは recado rojo、緑のパプリカや gitomate(緑のトマトのようなもの)がたくさん入っている場合は recado verde になります。

でもスペインでこの言葉を使うとこんな感じに。

Mi mamá se fue a trabajar a lejos hoy. Me dejó algunos recados por eso tengo que salir.

今日母親が仕事で遠くに行ってるから、いくつかお願い事されて出かけないといけないの。

場所が違うと全く意味が違ってきますよね。

おわりに

香辛料の微妙な配合の違いで、いろいろな味・色のレカードができます。

食堂や市場を歩く際は、いろんな種類のレカードに是非注目してみて下さい。楽しい散策ができると思いますよ。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP