ライフスタイル

スペイン語で学ぶ:食習慣から見るラテンアメリカの文化①

日本では家族が集まる食卓と言えば夜ご飯ですよね。でもラテンアメリカではちょっと違います。

今回は食習慣の違いと、その背後にある文化についてみてみましょう。

会話

Sheny: Buenos días. ¿Listos para trabajar?

おはよう。仕事の準備は万端?

Saki: Por ser primer día estoy un poco nerviosa pero tengo todas ganas de trabajar.

初日だからちょっと緊張してるけど、やる気は十分よ。

Sheny: Yo también pero harémos lo mejor posible.

私も緊張してるけど、頑張ろうね。

Saki: Por cierto, casi no trajiste nada, ¿verdad? Y ¿tu almuerzo?

そういえばほとんど何も持ってきてないみたいだけど、お昼ご飯は?

Sheny: Es que yo voy a mi casa a comer.

家に帰って食べるから。

Saki: ¿De veras? Nadie me dijo eso.

そうなの?誰もそんなこと教えてくれなかったわ。

Sheny: Es que aquí es común que comamos en casa en medio día.

ここではお昼は家に帰って食べるのが普通だから。

Saki: Pero ¿les da tanto tiempo para medio dia?

 でもお昼休みそんな時間あるの?

Sheny: Por lo menos una hora siempre da, en algunas empresas dan mas tiempo. Asi puede comer junto con la familia tranquilamente.

少なくとも一時間ね。それ以上お昼休みがある会社もあるわ。家族とゆっくりお昼をとるの。

Saki: Es interesante. Tiene mucho que ver con la cultura latinoamericana.

なるほど。ラテンアメリカの文化がよく反映されてるわね。

お昼ご飯が一番盛大

日本ではお昼に家族が集まることは、それぞれの予定で忙しく難しいですよね。

でもラテンアメリカではお昼ご飯が一番盛大で、仕事場が近ければ家に帰ってお昼を食べることも珍しくありません。

家族が集まっておしゃべりをしながら昼食をとることで、いつもコミュニケーションをとります。

仕事よりも家族一番な文化が反映されていますよね。

場所によっては、家に帰ってお昼を食べてちょっと休んで、それから3時頃から働くなんていうところもあります。

ちなみに普通の夜ご飯は至ってシンプル。パンとコーヒーだけだったり、フリホーレスとトルティーヤだけだったりと、寝るだけなので量はあまり食べません。

おわりに

家族との時間を大事にするところや、時間がゆったり流れているところは、日本人からしてみるとちょっとうらやましいですよね。

ラテンアメリカに行ったときは是非この時間の流れを楽しんでくださいね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP