スペイン語講座

スペイン語で便利なLLEVARの使い方②

「~をしてどれくらい?」と「連れていく」の他にもいろいろな使い方がある llevar。今回はその便利な使いまわしを引き続き見ていきましょう。

会話

Yesenia: ¿Viste la noticia de aquella tragédia que estabamos hablando otro dia?

この間話していたあの大惨事のニュース見た?

Mary: Si, justo anoche la vi. Me da mucha tristeza al saber que tantos niños inocentes fueron víctimas.

ちょうど昨夜見たわ。あんなに多くの子供たちが犠牲になったことを考えると本当に悲しいわ。

Yesenia: Yo pienso lo mismo. Pero creo que mal cuidado de los padres llevó a esta tragédia.

私もそう思う。でも親たちがちゃんと世話していなかったことがこの惨事につながったと思うわ。

Mary: Una parte ellos tambien tuvieron la culpa.

ある程度は彼らにも責任があるわよね。

Yesenia: Ahora hay que pensar en qué hacer para no repetirlo otra vez.

起こってしまったからには、もう二度と繰り返さないように何ができるか考えないとね。

Mary: Por lo menos aprendieron la leccion.

少なくとも教訓は学んだでしょう。

Yesenia: Siempre las malas decisiones nos llevan a las consecuencias horribles.

悪い選択をするといつも惨事につながるってことよね。

A llevar a BABにつながる)という使い方

結果と原因を一文で説明するときに llevar はとても便利な言葉です。

Las malas conpañias llevan a perder buenos hábitos que tiene uno.

悪い交友関係はその人のもっている良い習慣を奪いかねない。

Mucho esfuerzo e investigación profunda le llevaron a triunfar en la vida.

多大な努力と奥深い研究が彼女を成功へと導いた。

主語が単数か複数かによって動詞も変化させるのが唯一気を付けるところです。日本語では「~が~につながる」という訳し方が最も自然ですね。

おわりに

二回にわたって llevar の使い方を見てきましたがいかがでしたか?色んな場面で使われるこの言葉、しっかりマスターして会話を楽しみましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン