スペイン語講座

スペイン語でスムーズな相づちを①

滑らかなコミュニケーションに欠かせないのが相づち。でもとにかくたくさんあって覚えきれない…という人もいるのではないでしょうか?

今回は知っておくと便利な代表的な相づちフレーズを見てみましょう。

会話

Maggi: Entonces fuimos al restaurante que me recomendaste.

それで、あなたが薦めてくれたレストランに行ったの。

Daniela: ¿De veras? ¿Qué te pareció?

本当に?それでどうだった?

Maggi: Estuvo genial. Pedimos dos platos típicas y compartimos entre todos. Nos llenamos demasiado.

最高だったわ。伝統料理を2皿頼んでみんなで分けて食べたの。お腹一杯になりすぎたわ。

Daniela: ¡Qué bien!

それはよかった!

Maggi: Cambiando del tema, nos vamos a mudar a la cuidad Quetzal el otro mes.

話題は変わるんだけど、来月ケツァール市に引っ越すことになったの。

Daniela: No me digas. ¿Por qué tan de repente?

うそでしょ!なんでそんなに突然に?

Maggi: Es que desde hace tiempo me preguntaban si estaba dispuesta a mudarme, pero ultíma hora dijeron que necesitaba personal allá entonces me decidí.

ずっと前から移動できるか打診されていたんだけど、ギリギリになって向こうで人材が必要だって言われて。それで決めたの。

Daniela: Todavía no lo creo. Bueno, si es para tu bien, debería de alegrarme. Pero me  sentiré muy triste cuando no estés cerca.

まだ信じられないわ。そうね、あなたのためになるなら喜ばないとね。でも近くにいないなんて寂しくなるわ。

Maggi: Yo también te extrañaré un monton. Pero te prometo que nos vamos a seguir viendo.

私もとっても寂しくなるわ。でもいつも会うって約束するから。

Daniela: Vale. Seguirémos en contacto.

了解!連絡取り続けようね。

様々な相づち

¿De verdad? ¿De veras? 

本当に?そうなんだ!などの驚きを表す時

¡Qué bien!  

すごい!いいね!よかった!などの喜びを表す時

No me digas. No lo creo. 

うそでしょ!信じられない!という驚きを表す時

Vale. 

了解!オッケー!など軽い感じ。スペイン中心で使われる言葉で、ラテンアメリカではあまり使われません。

おわりに

どんなときにどんな相づちをつけばいいかマスターしておくと、相手も関心を向けてくれていると思い信頼関係が気づけます。是非参考にしてみてください。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP