スペイン語講座

スペイン語で「どうぞ」

「はい、どうぞ」「どうぞ、お先に」「どうぞよろしくお願いします」。日本語では日常会話でもビジネスシーンでもさまざまなシチュエーションで「どうぞ」を使いますね。

この「どうぞ」をスペイン語に言い換えると、どのような表現になるのでしょうか。

会話

ラウラさんがディエゴさんの家で開かれるホームパーティにやってきました

Laura:¡Hola!

こんにちは!

Diego:¡Hola, Laura! ¿Qué tal?

やぁ!元気?

Laura:Siento llegar tarde.

遅れてごめんね。

Diego:No te preocupes. Adelante.

気にしないで。さぁ、どうぞ入って。

Laura:Gracias.

ありがとう。

Diego:Todos están al fondo, en el salón. Te llevo algo de beber. ¿Qué quieres: cerveza, vino, Coca Cola…?

みんな奥のリビングにいるよ。僕は飲み物を持ってくる。何を飲む?ビールかワインかコーラか・・・。

Laura:Pues, una cerveza, por favor. Pero, ¿antes puedo lavarme las manos?

じゃあ、ビールをお願い。 あっ、その前に手を洗わせてもらってもいいかな。

Diego:Claro. El baño está ahí, a la izquierda.

もちろんどうぞ。そこの左側が洗面所だよ。

その後

Diego:Aquí tienes. Es una cerveza alemana. Está muy buena.

はい、どうぞ。このドイツのビール、おいしいんだ。

Laura:Gracias.

ありがとう!

ここに注目!

この会話では、3パターンの「どうぞ」が使われています。

相手を招き入れる時

家やオフィスなどで「どうぞ」と人を招く時には「Adelante」と言います。また、電車やエレベーターなどで「お先にどうぞ」と相手を促す時にもこのフレーズを使います。

「~してもいいですか?」と聞かれた時

許可を求められて「もちろんどうぞ」と答える場合は「Claro」のひとことでOK。

何かを差し出して相手に渡す時

飲み物やお皿などを手渡して「はい、どうぞ」と言う時には「Aquí tienes.」と表現します。直訳すると「ここにあなたのものがありますよ」という意味。

スペイン語の「どうぞ」

【どうぞお先に】         

Adelante. / Por favor.

【ご自由にどうぞ 】

Sírvete tú mismo. / Sírvase usted mismo.

【はい、どうぞ】         

Aquí tienes. / Aquí tiene.

【どうぞよろしくお願いします】 

日本語の「どうぞよろしくお願いします」に相当するスペイン語はありません。例えばメールの最後に付け加えるのであれば「Gracias」「Gracias de antemano.」「Saludos」というひとことを書き添えます。

おわりに

日本語の「どうぞ」は、自分の要望を伝えたり相手に対する許可を表したり、使い方が多様です。

同じような便利な単語はスペイン語には存在しないため、状況によって言い方を変えて相手に意思を伝えましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP