文化・習慣

スペインのチップ事情

旅行先でどのようにチップを払うのか、そもそもいつチップが必要なのか、サービスに対する考え方や文化が異なる日本人にとっては悩んでしまうところですよね。

今回のテーマは「チップ」です。スペインでのチップの習慣についてご紹介します。

会話

Keito:¿En España se suele dejar propina?

スペインではチップを渡す習慣がありますか?

Gonzalo:Sí, se da propina en los restaurantes, en los taxis, en los hoteles…

はい、レストランやタクシー、ホテルではチップを渡します。

Keito:¿Cuánta propina se debe dar?

チップはどのくらい渡せば良いですか?

Gonzalo:No hay una cantidad establecida. Si te han tratado bien y lo quieres expresar, dejas lo que quieras, y ya está.

いくら払わなければいけない、という決まりはありません。サービスが良ければ、そのお礼の気持ちを表せばいいんですよ。

Keito:¿Puedes marcharte sin dejar propina?

払わなくてもいいのですか?

Gonzalo:Si el servicio no ha sido malo, está bien dejar un poco de propina, pero en España no hay ningún problema si no dejas nada.

サービスが悪くなければ端数分だけでも払ったらいいと思いますが、スペインではチップを払わなくても大丈夫です。

ここに注目!

チップはスペイン語で propinaと言います。

スペインではレストランやバル、タクシーやホテルでチップを渡す習慣があります。

ただ、◯%のチップを絶対に払わなければいけない、という決まりはありません。全く払わなかったとしても、マナー違反だというほど大きな失礼になるわけではありません。

といっても、レストランやタクシーでサービスがよければ、その時にはやはりお礼の気持ちを伝えたいものです。

スペインでのチップの習慣について

レストランやバルでは

タパスのサービスがあったり、愛想のある良い接客を受けたりしたら、チップは置いて帰りましょう。

食事をしたら1人につき1ユーロほどを会計後にテーブルに置いておくか、もしくは端数をそのままチップにします。

「おつりはいいです」という時には「Quédese con el cambio.」と伝えます。

ホテルでは

荷物を運んでもらった場合、またはベッドメイキングをお願いした時には、ありがとうの気持ちをチップにして渡すとスマートですね。

1〜2ユーロ程度を直接渡すか、ベッドメイキングに対しては枕元やテーブルに置いておきます。「Gracias」とひとこと書いておくと丁寧です。

タクシーでは

空港までの往復でスーツケースを運んでもらう場合などはチップを渡しましょう。会計の端数を渡す形でOKです。

おわりに

スペインはアメリカやドイツほどチップが重要な国ではありません。ですが、親切なもてなしを受けたらチップという形でお礼を伝えるという習慣はあります。

日本からスペインへ旅行する場合、着いてすぐにタクシーやホテルのサービスに対してチップを払いたいなと思うことがあるかもしれません。そんな時のために、小銭をあらかじめ用意しておくといいですね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP