スペイン語講座

よく使われるスペイン語単語「acordar」

今回は「同意する・思い出させる」という意味を持つ動詞「acordar」と、「覚えている」という意味になる再帰動詞「acordarse」に注目してみましょう。

日常会話でよく使うフレーズを覚えておくと、かなり便利ですよ。

会話

Daniel:Oye, Maki, ¿te acuerdas de que me dijiste que me ibas a enseñar a hacer sushi?

ねぇ、まき、今度お寿司の作り方を教えてくれるって言っていたこと、覚えている?

Maki : Sí, me acuerdo. Te enseño cuando quieras.

ええ、覚えているわ。いつでもいいわよ。

Daniel:¿Qué tal el sábado de la semana que viene?

じゃあ、来週の土曜日はどうかな。

Maki:Vale. ¿Lo preparamos en mi casa?

いいわよ。じゃあ、ウチで作る?

Daniel:Bueno. La verdad es que algunos amigos míos dicen que también quieren aprender a hacer sushi. ¿Puedo llevarlos?

実はさ、友達もお寿司の作り方を覚えたいって言っているんだ。一緒に連れていってもいいかな。

Maki:¡Claro!

もちろん。

Daniel: Pero serán unas seis personas.

それが、6人くらいいるんだけど。

Maki: No hay problema. Cuantos más seamos, más divertido será.

大丈夫よ。大人数で作ったほうが楽しそうだし。

Daniel: Gracias. ¿Hay algo que podamos llevar nosotros?

ありがとう。何か僕たちで用意していったほうがいいものはある

Maki: Pues… Yo creo que los ingredientes los compro yo, y luego podemos dividir los gastos.

そうだな。材料は私が用意できると思う。必要なものは買っておくから、あとで割り勘でもいいかな。

Daniel:¡De acuerdo! ¡Qué ganas tengo!

了解! 楽しみだなぁ。

ここに注目!

¿Te acuerdas?

これは「覚えている?」と親しい相手に聞く時の表現です。不定詞は「acodarse」。-se が付いた再帰動詞は「覚えている・思い出す」という意味があります。

この質問に対して覚えていれば「Sí, me acuerdo.」、覚えていなければ「No, no me acuerdo.」と答えます。

「◯◯のことを覚えている?」と、何か具体的に聞く場合には、前置詞「de」を付けて表現します。例えば、「私のことを覚えている?」だったら「¿Te acuerdas de mí? 」。

De acuerdo

これは「同意する・了解する」という意味。もともとは「Estoy de acuerdo」という形の慣用句なのですが、それが省略されて「De acuerdo」という短いフレーズでよく使われます。

相手に「それでいい?」と同意を求める時にも「¿Estás de acuerdo?」を省略して「¿De acuerdo?」と聞くことがよくあります。

おわりに

¿Te acuerdas? は「覚えている?」と聞く質問、¿De acuerdo? は「それでいい?」と同意を確認する質問。音の響きは似ていますが意味が異なるので、この2つの使い方をマスターしておきましょう。

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP