スペイン語講座

「Por」を使ったスペイン語の便利な表現

スペイン語を学び始めると初期の段階で出てくるのが por という単語です。いろいろな場面で使えるとても便利な前置詞ですが、熟語としてもよく使われます。

今日は por を使った便利な表現を見てみましょう。

Porを使った表現

Por supuesto(もちろん)

A:¿Vas a ir a la fiesta de este fin de semana?

週末のパーティーには行く?

B:Por supesto que si. 

もちろん行くわよ。

英語でいう of course の感覚で使える por supuesto。後ろに sino をつけなくても、文脈次第でどちらかを判断できます。「言わなくても当然わかってるでしょ」というニュアンスでよく使われる表現です。

Por lo menos(少なくとも)

A:Creo que no podré terminar todas las tareas que tengo.

宿題全部終わらせるの無理だ。

B:No te preocuopes. Por lo menos trata de terminar la de matemática. Es lo más importante.

心配しなくていいわ。最低数学だけ終わらせなさい。それが一番大事だから。

「少なくとも、最低でも」という時によく使われる表現です。

Por lo tanto(それゆえに)

Se acerca la tormenta según la noticia. Por lo tanto, se cancelará el evento de este domingo.

ニュースによると嵐が近づいています。よって、日曜のイベントは中止になります。

por lo tanto はフォーマルな文章やスピーチ、ニュースなどによく使われる表現です。二つの文をつなげる際、「前に述べたことを理由として~になります」といったニュアンスを伝えることができます。

Por gusto(無駄に)

Me levanté temprano para terminar lo pronto posible el trámite pero fue por gusto porque estaba cerrada la oficina.

手続きをできるだけ早く終わらせようと思って早起きしたのに、結局オフィスが閉まってたから無駄足だったわ。

Me preocupé por gusto porque me dieron tan fácil la visa de tránsito.

トランジットのビザがあんなに簡単にもらえるなんて、取り越し苦労だったよ。

por gusto を単語だけを見て直訳すると「ただ好みのために」といったニュアンスになります。「結局する価値がない、無駄足、取り越し苦労」といった時によく使われる表現です。

おわりに

por を使った熟語は他にもたくさんありますが、今日はよく使われるいくつかを取り上げました。知っていると会話の表現力が豊かになり、聞き取りもさらに簡単に。是非マスターしてください!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP