スペイン語講座

「hasta」を使ったスペイン語の挨拶

「〜まで」という意味を持つ「hasta」は、別れ際の挨拶に欠かせない単語です。

「また後で」「また明日」「また次回まで」と、さまざまな言い方ができる「hasta」を使った挨拶をまとめて覚えておきましょう。

会話

Keito: Gracias por ayudarnos con el trabajo hoy.

今日は僕たちの仕事を助けていただいてありがとうございました。

Gonzalo: De nada. Si tienes algún problema, no dudes en avisarme.

いいえ。何か問題があれば気兼ねなく連絡をください。

Keito: Muchas gracias.

ありがとうございます。

Gonzalo: Bueno, hasta pronto.

それでは、また近いうちに。

Keito: Hasta pronto. Por cierto, ¿vas a la feria el viernes?

では。あっ、ところで、金曜日にある見本市には行きますか?

Gonzalo: Sí, creo que iré.

はい。行く予定です。

Keito: Entonces, nos veremos allí el viernes.

それなら、金曜日にそこできっとまた会えますね。

Gonzalo: Sí. Hasta el viernes.

そうですね。また金曜日に。

ここに注目!

スペイン語では、別れ際に「またね」「またいつか」というひとことを相手に伝えるのが一般的です。

友人や家族のほか、仕事相手や立ち寄ったショップの店員にも、最後には「また」と言って別れます。この時「hasta」を使います。

Hasta pronto.

Hasta pronto.」は「また近いうちに」という意味です。実際に具体的な会う予定がない場合でも「ぜひまたすぐにでもお会いしたいです」という意味を込めて使われます。

(注:スペインではビジネスの場でも顔見知り同士なら2人称で会話をします。この例文でも2人は相手に対して「」を使っています。)

hastaを使ったスペイン語の挨拶

Hasta luego. 

またね / また後で

これは最もよく使われる言い方です。

「また後で」という意味ですが、その日のうちに実際に会う予定がある時でも、いつ再会できるかはまだわからない時でも「またね」という軽い挨拶としてこのように言います。

ショップやバルなどでも店を出る際には「Hasta Luego.」と挨拶します。

Hasta ahora.

またすぐ後で

例えば電話で「あと10分で着きます」と相手に伝えた時には、電話を切る前にこのひとことを。すぐ後で会う場合は ahora を使います。

Hasta la próxima semana.

また来週

次に会う予定が明確にわかっている場合、このように hasta の後に「いつ」を表す具体的な単語を入れて表現します。

<その他の表現>

Hasta mañana. = また明日

Hasta la próxima. = また次回 / また次に会う時に

Hasta entonces. =またその時に

おわりに

「また会いましょうね」という挨拶はスペイン語でのコミュニケーションではとても大切です。

「さようなら」だけより「またね」があったほうが、お互いに嬉しいですよね。 メールや電話でも、会話の締めくくりには hasta を使って挨拶をしましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン

PAGE TOP