コミュニケーション

「喜怒哀楽」スペイン語のリアクション

誰にでもある喜怒哀楽の感情。スペイン語での会話やメッセージのやりとりの中でも、自分の思いを素直に伝えたい時がありますよね。または、思わずリアクションがこぼれてしまうことも。

さて今回は感情のアレコレを表す短いスペイン語フレーズをご紹介します。

会話

Diego:¡Pero, ¿qué es esto?!

なんだこれ!

Eva:¿Qué te pasa?

どうしたの?

Diego:¡Mira que golpe tiene mi coche!

見てくれよ、僕の車にこんな傷がついているんだよ。

Eva:¡Buah! ¡Qué mal!

わぁ、ひどい!

Diego:¡Mierda! ¿Quién ha hecho esto?

チクショー!誰だよ、こんなことしたのは。

Eva:¡Qué pena! Pero, bueno, tranquilízate un poco. De momento, vamonos, que vamos a llegar tarde.

気の毒に…。でも、ここはちょっと落ち着いて。とりあえず遅刻しそうだから行きましょう。

Diego: Vale. ¡Ah! ¡Qué mala suerte!

わかったよ。ああ〜、それにしてもついていないなぁ。

ここに注目!

¡Qué pena!

pena は「悲しみ」「気の毒」という意味を持つ名詞。¡Qué pena! は、「残念」「かわいそう」という気持ちを表します。

¡Mierda! は「クソッ」という意味のスラングです。悔しさや腹立たしさを表し、ネイティブの人たちはよくこの単語を使っています。

ですが、決して印象の良いひとことではないので、真似して使わないようにしたいですね。

喜怒哀楽」スペイン語のリアクション

感情を表すフレーズをまとめました。

  • ¡Qué alegría! 嬉しい!
  • ¡Qué suerte! ラッキー!
  • ¡Qué emoción! 感動!  

  • ¡Increíble! 信じられない!
  • ¡Pero, ¿qué haces?! 何やってるんだ!
  • ¡No puedo soportarlo! 我慢できない!

  • ¡Qué triste! 悲しい
  • ¡Qué pena! 残念
  • ¡Pobrecito! / ¡Pobrecita! なんて可哀想に…

  • ¡Qué divertido! 楽しい!
  • ¡Qué bien! いいね! 
  • ¡Genial! 最高!

おわりに

こうした喜怒哀楽を表すフレーズを知っておけば、相手に気持ちをしっかり伝えられますね。

表現力豊かなラテン系の人たちとコミュニケーションをとるには、リアクションは大事です! 特に嬉しい時、楽しい時には感情を素直に言葉にしていきましょ う。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でスペイン語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着スペイン語レッスン